--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.14. Sun
4896017579愛玩人形 (ルナノベルズ)
剛しいら / 小山田 あみ
ムービック 2010-03

by G-Tools

由緒正しき家の跡継ぎでありながら、屋敷に籠もり、人形たちを話し相手にひっそりと暮らしている人形師の琴耶。
だが、一族が催したパーティーに客として現れた世界的に著名な実業家ジェラールに一目惚れされてしまう。
人と話すこともほとんどなく、もちろん恋愛などしたこともない琴耶は一方的に愛情を押し付けられ、まるで自分自身が人形になったような気がしていた。
しかも、琴耶の部屋と全く同じに造られたジェラールの別邸の部屋に連れ去られてしまい──。

タイトルとあらすじから淫靡で古風な雰囲気を想像してたけどかなり印象が違う作品でした。全体的に甘~い空気が漂ってて世間知らずな深窓のご令息の成長物語といった感じ。あまりの世間知らずっぷりに思わず「そりゃないだろ…」と違和感があったけどそこにはやはりある理由があったんですね。

日本(衆道)文化ヲタクジェラールの知識も半端ないけどその情熱も半端ない!とにかく彼の憧れは古の若衆。その理想通りの琴耶を見つけたが最後もう猪突猛進で琴耶を落としにかかります。これがまた強引なんだけどどこか憎めない。
次は何を言い出すのか楽しみになってくるくらい口が達者だし人慣れしてない琴耶なんて流されるまま。
意外にも肝の据わっちゃった琴耶の反撃ですら喜んでますからね。こんな人に一目惚れされた琴耶はもう諦めるしかないのかも(笑)。

そんな超前向きなジェラールに大切に愛されて少しずつ変わっていく琴耶の変化も面白い。ラストの二人のシーンは読んでてほんわかした気分になりました。読後感がとても良かった作品です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。