--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.29. Sat
4778109384青龍の甘い罠 (ショコラノベルス・ハイパー)
朝宮千雪/麻生 三ツ晃
心交社 2010-05-10

by G-Tools
職場や家庭のグチをつらつらと並べて更新できない言い訳を書いてたら我が家の愛犬からお○らぷーの音が。

「ぷり、ぷり…ぷりぃ~~~♪」

なんじゃそりゃ……(ノ∀`)
あまりの音程の可愛さに爆笑&脱力&グチが一気に吹っ飛んじゃったYO!

さて、ショコラノベルスのヤクザ×医師もの。あらすじを読んでシリアス路線なのかと思ってたら意外と甘かったです。

*あらすじ*
義父の医療ミスを代わったことですべてを失った宮西透は、絶望し自ら命を断とうと人気のない埠頭へ足を踏み入れた。しかしそこで若頭と呼ばれる五十嵐勝悟を庇って若い男が撃たれるのを見てしまう。彼を見殺しにはできず治療する一方で死への願望を捨てきれない透に、五十嵐が「殺してやろうか?」と持ちかけてくる。その交換条件は体を差し出すこと。どうせ死ぬ身だと透は好きにさせるが──。
* * *

義父に裏切られ実母に見捨てられ義弟に襲われた透。全てを失い絶望した透はまさに自殺しようとした時に五十嵐に出会います。ボロ雑巾みたいにヨレヨレの透の一体どこに興味を持ったのかいまひとつわかんないんだけど五十嵐は透を殺してやる交換条件に体を要求するんですよね。

もちろん透は自分の体なんてどうでもいいと思ってるからあっさり呑むんだけど。でもそれが間違いの元(笑)。

そのまま流れで街の診療所を引き継ぐ形で過ごしているうちに患者に癒され五十嵐への想いを自覚したりと生きる気力を取り戻していきます。
それはそれでいいんだけどね。

本来なら透本人が片付けなきゃいけない問題をすべて五十嵐が透の知らないうちに片付けてくれてクリニックまで用意してくれていたんです。もう至れり尽くせりですね。五十嵐の甘やかしっぷりは半端ないです。

気づけばクリニックの院長に納まって五十嵐ともラブラブな関係に。
いや~あらすじを読んで先が読める展開だよな~とは思ったけどやっぱりベタな展開でした。うん、安心して読めますよ。

ラストがなんだか駆け足で物足りなかったけど読みやすい文章だったし何より青龍の描写がいいんだよね~。Hシーンがどうのと言うより刺青の青龍の動きがなんともエロい(〃д〃)
思わずどんな刺青だよ……と表紙を見直してしまいました(笑)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。