--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.02. Wed
4062866692龍の忍耐、Dr.の奮闘 (講談社X文庫―ホワイトハート)
樹生 かなめ/ 奈良 千春
講談社 2011-02-03

by G-Tools
龍&Dr.シリーズ最新作。お!そろそろ藤堂が復活して清和VS藤堂再び!?と思ったら今回は一話完結で氷川先生大活躍の巻でした。
あ、氷川の大活躍はいつもか(^^;;

【あらすじ】
「清和くんは夢の中でも僕が好きだね?」
明和病院に勤める美貌の内科医・氷川諒一の恋人は、指定暴力団眞鍋組の若き昇り龍・橘高清和だ。ある穏やかな夜、氷川のもとに眞鍋の参謀である祐が倒れ、明和病院に入院したとの情報が! それが事件の始まりだった!? 同僚の小児科医・安孫子が巻き込まれたトラブルを解決しようとする氷川だが、トラブルはトラブルを呼んで……!!
続きを読む...
スポンサーサイト
2010.10.09. Sat
4062866587龍の勇姿、Dr.の不敵 (講談社X文庫 きD- 21 ホワイトハート)
樹生 かなめ/ 奈良 千春
講談社 2010-10-01

by G-Tools
*あらすじ*
眞鍋の白百合・氷川の敵退治、ついに始まる!?
愛しい年下の恋人であり、眞鍋組の若き昇り龍、橘高清和の復活を喜ぶ氷川諒一は、明和病院に勤める美貌の内科医であると同時に、眞鍋組の姐でもある。
清和を殺そうとしたのは誰なのか?
氷川を始め、眞鍋組は裏切り者の正体をつきとめる覚悟をする。
そんなとき、ある疑惑が持ち上がる。
まさか彼が裏切るはずがない、そう信じたい清和たちだったが……!?
清和&氷川、最強の恋人たちがついに完全復活!!
* * *

巻を追うごとに氷川の存在感が増してる気はしてたけど今回は更にパワーアップ!裏切り者を誘き出すための囮に使われたり清和を守る為に名取グループ会長に直訴しに行ったり。
もはや氷川無しでは眞鍋の問題は解決できないのではないかと思うくらいの活躍っぷりです(笑)

愛する清和のためならどこまでも無鉄砲な氷川を止められるものはもう誰もいないでしょうね。唯一止められるのは清和かもと思ってたけどやっぱり無理だったし。
こうなったら上手く使うしかないでしょうね~佑みたいに(笑)。

人間核弾頭にして眞鍋の誇る最終兵器の白百合。
眞鍋の金看板の昇り龍だけでも手強いのにこんな危ない姐がいたら恐ろしくて手が出せませんて(ノ∀`)
裏切り者も見つけ出し名取グループとも決着がついた眞鍋組。
次はどんな展開になるんでしょ?

ところで今回もまたもや佑の策略で氷川は囮になって危ない目に合わされます。毎度危ない目に合ってるけど段々と度胸がついてきてなんだか頼もしいんですよね。

自分を拉致した相手に説教かますなんて氷川先生男前!
策士佑にはこれからもどんどん氷川の活躍の場を提供して欲しいものです(笑)

それにしても囮作戦の名前がイヤだ。名づけ親は氷川なんだけど。
Gのつく黒い生物のホイホイ作戦……いや、作戦としてもネーミングとしても間違ってないんだけどね。
この世で一番嫌いな生物なんだよ~。それ。
うっかりそのホイホイに引っ掛かった人間ではなくGを連想してしまって鳥肌でしたil||li _| ̄|○ il||li

そうそう、講談社X文庫のHPでアンケートに答えるとこのシリーズのSSが読めます。小冊子並みの読み応えがあるのでおススメ♪
2010.08.10. Tue
406286651X龍の復活、Dr.の咆哮 (講談社X文庫―ホワイトハート)
樹生 かなめ/ 奈良 千春
講談社 2010-08-05

by G-Tools
*あらすじ*
明和病院に勤める美貌の内科医・氷川諒一は、恋人であり眞鍋組の若き組長である橘高清和が不在の今、組を守るため、愛する男を守るため、組長代行としてその身体を危険に晒している。清和の命を狙ったのは?裏切り者は誰だ!?誰が敵かもわからないなか、必死に犯人を探す氷川だったが、事態は思いがけない展開になり……。愛する男のため、氷川の活躍が始まった!
* * *

少々食傷気味で惰性で読んでたシリーズだけど今回の事件編は緊迫感があるしちょっとミステリ風味で面白い。
ただね……龍が復活するしすべて片が付くもんだと思って読んでたらラストに仕掛けがありましたよ。
本題はこれから?次巻で収まるのかな?
ここまできたらこの先何巻続いても読むけどね(笑)。

今回は二代目姐、氷川の大活躍の巻です。
日本人形のように楚々とした美貌の氷川は軟弱男子に思われがちだけど激務をこなす医師だけあって実は相当タフ。
医師と組長代行の二足の草鞋を履きながら清和の命を狙った裏切り者を突き止めようと必死です。

ただ人間魚雷とも核弾頭とも呼ばれて鉄砲玉より無鉄砲な氷川の行動に周りは振り回されっぱなし。
やめろと言われればやるし、行くなと言われれば行くし、信じるなと言われても信じる。

こんな人が身近にいたらちょっと傍迷惑でイヤです。
収まるものも収まらずかえって事をややこしくしそうな人じゃない(笑)。

でもそのお陰で敵も味方も動き出して事態が収拾していくんだからやっぱり眞鍋組には必要な人なんでしょうね。や、清和にとっては大切な女房ですが。

それにしても敵を嵌める祐のシナリオはお見事!利用された氷川はちょっと可哀想だったけど敵を欺くにはまず味方からだしね。
シナリオも演技も完璧な策士、祐。敵にはまわしたくない奴ですね(笑)。

今作ではお互い裏切り者だと思っていた祐とサメの疑いが晴れた所まで。
次巻はいよいよ真犯人の登場かな。もう目星はついてるけど手強そうな相手だからどんな展開になるのか楽しみです。

ちょっと気になったのは夜の街の王子様、京介。眞鍋組の組員より活躍してるし信用されてるけどホストのお仕事はいつしてるんでしょうか?売上No.1はキープできてるのかちょっと心配だよ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。