--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.31. Sun
4813030165黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 132)
明治 カナ子
大洋図書 2013-03-01

by G-Tools

【あらすじ】
魔法使いが多く住む町・ゲルの外れの荒れ山に、魔法使いのリーと弟子のラベルは住んでいる。リーのもとにずっと捜し続けていた元使役・リリドが見つかったとの報せがはいる。リリドは王・カヌロスの亡骸とともにいると。
王の復活を目論むリリドの狙いはラベル。リーとリリドの最終決戦が始まる。リーとラベルの運命は!? 坂の上の魔法使い堂々の完結。

完結しちゃいました。う~ん、なんだろう物足りない感が。

もう少しそれぞれのエピソードを掘り下げて欲しかったかな~。リリドとの対決とかカヌロスとリーの再会場面とか。
特にカヌロスとリーにはもうちょっと甘い展開を期待してたのでちと物足りない…。だって何気に一番貧乏くじを引いてると思うんですよカヌロス。
最後くらいリーとの抱擁くらいしても許されるんじゃないかと(* ̄∀ ̄)
でもリーの涙にはこっちが涙しました。切ないね…。

ラストの二人の姿にはじんわりきました。リーが幸せそうでなにより。
ただラベルとリーの二人は親子愛のような師弟愛のような。BL的な「愛」の匂いはしませんね。
ラベルはともかくデレるリー様とか想像できません(笑)

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。