--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.06. Sat
4592876970愛の裁きを受けろ! (白泉社花丸文庫)
樋口 美沙緒/ 街子 マドカ
白泉社 2013-01-22

by G-Tools

【あらすじ】
タランチュラ出身でハイクラス種屈指の名家に生まれた七雲陶也は、空虚な毎日を送っている大学生。退屈を紛らわすためのクラブ通いにもうんざりしていたある日、陶也はロウクラス種の郁と出会う。カイコガという起源種のせいで口がきけず体も弱い郁は、陶也のことを好きなのだという。大のロウクラス嫌いの陶也は、手ひどく捨ててやるつもりで郁と付き合うことにするが、どんなに邪険に扱っても健気なまなざしを向けてくる郁に、いつしか癒されていることに気づき!?究極の擬人化チックラブストーリー登場。

虫シリーズ3作目。「愛の巣に落ちろ!」で冷酷なヒール役だった陶也がメイン。
この人のお相手がシリーズ最弱キャラの郁で大丈夫なんだろうか…と恐々読み始めましたがやはりと言うか予想通りと言うか散々な目に遭ってますね。肉体的にも精神的にも。でも健気で前向き。常に死を意識してるからある意味頑なではあるけれど。
そんな郁のあまりの弱さに呆れていた陶也が次第に思い遣るようになる過程ににんまり。あの陶也にもいい所はあったのね~( ̄∀ ̄)

後半の陶也の変身ぶりには読んでて違和感ありまくりでした。だってあの陶也が心優しい文句の付けようがない好青年になってるんですよ。まるで別人。それもすべては郁のためです。愛に目覚めた陶也の健気なこと…!(*´艸`)
末永く…とは言えない二人だけど幸せな時間が少しでも長く続くといいな。

ちょっと気になったのが郁の義弟の篤郎。元々兄思いの優しい子だったのがあそこまで根性がひん曲がっちゃた原因は父親だよね。父親も再教育した方がいいと思うけど。篤郎の救済物語も読んでみたいな。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。