--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.25. Fri
4199005277FLESH & BLOOD〈13〉 (キャラ文庫)
松岡 なつき/ 彩
徳間書店 2009-06-25

by G-Tools
フレブラ祭り絶賛開催中です(笑)。W杯はイングランドが決勝T進出ですね。スペインはまだ決まってないんだっけ?
それより日本が勝っちゃったよ!決勝T進出だよ!やったね!!

*あらすじ*
仲間に絶対病気を移しちゃいけない──。帰還の船旅の最中、海斗(かいと)は自ら隔離された部屋で寝起きし、どこか心ここにあらず。そんな海斗に、敏感に秘密の匂いを感じるジェフリーは、触れられない苛立ちを隠せない。けれど、ウォルシンガムの目を逃れ、無事プリマスに帰港したその夜。欲情を抑えきれないジェフリーは、強引にキスを奪おうとするが、抗う海斗が、激しく咳き込み喀血してしまい…!? 
* * *

スペインで気の休まることがなかった海斗は自分のホームに戻っても気を抜くことができません。自分の病気を仲間に移さない為に嘘をつき続け一人孤独と戦います。
甘ったれで弱虫だった海斗も随分と成長しましたね~。
そりゃそうか。今までいろいろありすぎましたもんね。

気の毒なのはジェフリーです。
愛する海斗とやっと幸せに暮らしていけると思っていた矢先に喀血を目の前で見るんですから。
まさに天国から地獄。愛する人を失うかもしれない恐怖と不安で取り乱すものの常に前向きで懐の広いキャプテンはやっぱり頼もしいですね。

そしてもう一人頼りになるがリリー姐さん。
病気の事もタイムスリップの事も恋愛の事も…要するに腹を割って何でも相談できる心強い味方ですね。機転も利くし度胸もあるし海斗の代弁者にもなってくれます。いい人だ。

それに比べてちょいと情けないのがナイジェル。病人に気を使わせてどうするよ?なんだかビセンテとナイジェルが被って見えちゃったよ(^^;;

ところでその後が気になってたスペイン側ですが何がびっくりってトレドの脱走です。
ビセンテもアロンソもなにやってんのよー!
てっきりトレドは牢獄の中だとばかり思ってたのに!

この先アロンソが言うようにトレドは絶対何か仕掛けてくるはず。てことはビセンテ達もまだ出番があるかも?12巻ですっかりビセンテの株が上がっちゃったからそうなったら嬉しいな~v

そして和哉!あれは単なる夢物語なのか正夢なのか!?正夢だとしたら和哉はいったいどこへ!?
まったく予想外の展開だったのでも~びっくり。
早く14巻を読まなくちゃ(`・ω・´)!!
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。