--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.27. Sun
4199005757FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)
松岡 なつき/ 彩
徳間書店 2010-06-26

by G-Tools
とうとう読んじゃったよ15巻。うわ~もうW杯どころじゃないよ。イングランド VS スペインよりややこしい16世紀 VS 21世紀だよ!早く続きが読みたいよ~!!

*あらすじ*
凍てつく冬の16世紀から、半年ずれた夏の現代へ──。ホーの丘から無事タイムスリップに成功した海斗(かいと)。そこで海斗を出迎えたのは、なんと親友の和哉だった!! 一方、ウォルシンガムの手に落ちたジェフリーは、国家反逆罪の汚名を着せられ、厳しい拷問に晒されて…!? 海斗不在の喪失感に苛まれる海賊達、そして病と闘いながらも帰還を誓う海斗の、時空を隔てた葛藤を描く、新展開の現代編!!
* * *

現代、イングランド、スペインまさにオールスターキャストの豪華版で第二部に突入した感じ。その分どの話もさわりだけで物足りないんだよね。それで!?って所で待て次巻です(>_<)

タイムスリップ直前の海斗の行動には胸が詰まりました。愛する人の残り香って切ないよね。
そしてタイムスリップ時に何故和哉がいたのかその訳に思わず唸ってしまいました。確かに和哉は優秀だ……でも海斗への執着は度を越してるよ。ビセンテといい勝負だな。

スペインでは傷心のレオの変貌が痛々しいです。それほど海斗に裏切られたのがショックだったなんて。海斗を失ったばかりなのにレオまで失いそうな腑抜け状態のビセンテですがこの先どうなるんでしょうか。

そして何より気になるイングランド組。ジェフリーの裏切りに怒り狂ってたナイジェルも自分の立場や思いを自覚すればやるべき事はひとつですね。キットと共にジェフリーを助けてくれるはず!

ジェフリーは拷問担当が海斗と同じレイブンで運が良かったと思うべきなんでしょうね。拷問のプロだけあって残酷だけど海斗の話を聞く事ができるし。
ただあのジェフリーが痛めつけられてる場面はホントに辛い。できればもう読みたくないんですが。早めの救出お願いします。
とか言いながらついついラックってどんな?とググってしまいました(^^;;
こんな道具よく思いつくな。昔の人って残酷…。

一方現代に戻った海斗は順調に回復してるけどいつまでタイムスリップを隠し続けていられるのか怪しいな~。結核の菌まで分析されるとは。あ、現代なら分析くらい当たり前か(笑)
リバース刑事も失踪事件は解決したんだから放っといてくれ~って思うくらいしつこいし。

現代の海斗にできることといえば病気を治すことと歴史を調べることですね。歴史に名前を残していないジェフリー・ロックフォードの謎。う~ん気になる!

ところで海斗は16世紀で並行世界の和哉を夢で見ていたけど逆に現代でジェフリーの夢を見れるのかしら。あ、でも今は見れない方がいいかもね。
それとリリー姐さんが何やら仕込んでくれた財布の中身も気になります。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。