--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.13. Wed
4199005862マル暴の恋人 (キャラ文庫)
神奈木智 水名瀬雅良
徳間書店 2010-09-25

by G-Tools
「アウトレット」とか「期間限定セール」とか「限定告知のギフト券」とかにめっぽう弱いワタクシ。お得なんだから!とポチポチしてたらあっっちゅー間に諭吉が飛んでいってましたΣ(@∀@)
月末はJ庭があるとゆーのに…。
あ!でもJ庭は給料日の後だからなんとかなるね♪

*あらすじ*
ヤクザ顔負けの人相で、職務違反寸前の捜査は日常茶飯事──コワモテで鳴らす高千穂愛(たかちほめぐむ)は、元ヤン上がりのマル暴刑事。そんな彼の部屋の隣人は、高校時代からの友人・宮原束紗(みやはらつかさ)。腐れ縁の元優等生は、涼しげな美貌で超ハードな濡れ場を書く人気ポルノ作家!! 緊迫した張り込みの最中だろうが、「腹が減った」と傍若無人に電話してくる束紗に、高千穂は文句を言いつつ、なぜか世話を焼いてしまい!? 
* * *

高校時代からの友人に想いを寄せる受けとまるっきりその想いに気づかないストレートの攻め。
ストレートの受けが強引な攻めに寄り切られるのはアリでしょうけど逆パターンはハードルが高い気がします。
特に高千穂みたいに超のつく鈍感な男には(笑)。

仕事では直感で動けるくせに相手が束紗になると感度が鈍るんですよこの男。手のかかるダチくらいにしか思ってません。

高校時代から一途に想ってる束紗が切ない…。周りには束紗の想いなどバレバレだというのに肝心の高千穂には届かないんですからね。

ところがイケメンやり手ヤクザの上条がこの二人に絡みだし引っかき回してくれたお陰で高千穂は自分の気持ちに目覚めます。
友情以上の感覚を持ち始めたことに戸惑いながら覚悟を決めて告る高千穂は実に男前!

そしてめでたくゴールイン♪上条様様ですねえ(笑)。
もっといけすかない奴かと思ってたら結構いい奴でした。

主役のお二人を差し置いてなんですが一番のお気に入りキャラはこの上条。
見てくれは優男だけど中身は束紗以上に屈折してそう。こんな男が堕ちるのはどんな男かしらね~。
上条編激しく読みたいです。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。