--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.28. Mon
4778110501月と野蛮人(限定版冊子付き) (ショコラコミックス)
せら
心交社 2010-12-23

by G-Tools
王道で甘めのコミックが読みたくて購入。せらさんのコミックは初読みだったけど絵が綺麗だし内容も読みやすかった。限定版小冊子はせらさんのデビュー十周年記念も兼ねてるそうでボリュームたっぷり。この価格ならかなりお得だと思います♪

【あらすじ】
ユリエルは砂漠に眠る『ロアディス』という遺跡の発掘に立ち会いたい一心で、シムア王国を従者のエルヴェとともに訪れた。しかし、トラブルに巻き込まれセルディア族の首長、アルド(アルドグラドゥル)に捕らえられてしまう。アルドに「気に入った」と言われ、そばにおかれるようになるユリエルだったが、ユリエルには国に帰らなくてはならない理由があり……。

19世紀のアラブが舞台です。ヨーロッパのとある王国の王子のユリエルはワケあって世間から隠されて生活していますが従者のエルヴェのお陰で素直で優しくちょっと天然に育ってます(笑)

幼い頃から憧れの地だったロアディスの遺跡発掘現場にウキウキとやってきたものの現場のトラブルに巻き込まれてアルドに捕まってしまうユリエル。
アルド率いるセルディア族は野蛮な民族だと聞かされていたユリエルはアルドに反発しますが次第に惹かれていくんですね~。

だってアルドは野蛮人どころか理知的で鷹揚で勇敢なステキ首長さまだったんですものv
アルドも素直で可愛いユリエルを愛するようになるけど迎えに来たエルヴェを選んだユリエルにあっさり引きさがってしまうんですよ。
あれ?おかしいな。アラブといえば強引!なはずなのに。

ユリエルは自分の感情よりも立場を優先させて帰国を選ぶんですよね…本当はアルドと共に残りたいのに。
意外と出来た子です。というかエルヴェがお邪魔虫だね…。

さてすんなり帰国して離れ離れの二人。どうなんのかと思ってたらアルドが颯爽と登場してユリエルを掻っ攫っていきました。あっさり引いて帰国させたのは既に次の手を考えていたからなんですね。
どこまでもクールでカッコいいアルドですねーv
ユリエルもついていくしかありません(*´∀`*)

傲岸不遜で俺様なアラブの攻めさまが多いなかアルドのように理性的な攻めさまは新鮮でした。
そして限定版冊子で気になったのがエルヴェ。
アルドの側近バディスに手を出してますがこの先どうなるのか気になりますね~。彼は結構手強いと思うよ。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。