--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.29. Fri
4829625325信じるままに愛したい (プラチナ文庫)
清白 ミユキ/ 小路 龍流
フランス書院 2012-06-11

by G-Tools

この表紙の二人いいですねえ~。
スーツ萌えっ(人´∀`*)。・:*。
初読み作家さんですが書店で一目惚れしたのでお持ち帰りしました。

【あらすじ】
犬猿の仲の同僚・嘉和に、「好きと言わせる」賭けの対象にされたことを知った正巳。誰にでも愛想の良い嘉和が、なぜ自分だけそれほどまでに嫌うのか理由を聞きたくて、告白してきた彼に思わず「友達なら」と応じてしまう。そうして始まった付き合いは険悪だった。けれど徐々に打ち解けていき――突然、キスされた。熱のこもった嘉和の眼差しは賭けのためなのか、それとも……?

表紙に惹かれたのもあるけどあらすじの「犬猿の仲」の二人と「賭け」ってのに萌えセンサーが反応。
だってこの「賭け」が絶対ネックになってごちゃごちゃするに決まってるではないか( ̄∀ ̄)
これはあれだ……嫌よ嫌よも好きのうちってやつ?
意識してるから気になるのよね。
と、自分勝手な目線で期待しながら読んだせいか激しく萌えました。

最初から最後まで「賭け」がいい具合に絡んでくれて二人の恋路を邪魔してくれるんですよねー。
まあ、それがあるからいろいろと盛り上がるんだけど(酷)
嘉和なんてただの恋する男になっちゃうし。
ただ「好き」という単語を強調しすぎてちょっとうるさく感じたかな。
これがキーワードだから仕方ないのかもだけど。

表紙同様中のイラストも楽しみにしてたんだけど1枚もなし。
これはちょっと期待外れでした(T_T)

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。