--.--.--. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.08. Sat
4198634645HARD TIME ~ DEADLOCK外伝
英田 サキ/ 高階 佑
徳間書店 2012-08-24

by G-Tools
いつの間にか9月になってました(゚Д゚≡゚Д゚)
学校も始まったしゆっくりBLが読めそうだな~あとは涼しくなってくれるのを待つばかり。
さて大好きシリーズのDEADLOCKの外伝。相変わらずツボど真ん中です♪

【あらすじ】
酒に酔って一夜を共にした相手が、殺人事件の第一容疑者!?  しかも自分にその記憶が全くない──!? 皮肉な運命に呆然とするロス市警殺人課の刑事・ダグ。容疑者のルイスは、気鋭のミステリ作家!! 彼の無実を信じたいダグは、先輩刑事のパコと共に真相を追ううちに、次第にルイスへの興味を煽られて…!?

男相手の初めての恋に悩むダグが相談するのは、同僚刑事のユウト。なりゆきでルイスを警護することになった、腕利きのボディガード・ディック。DEADLOCKのキャラクターたちが総出演!! 彼らのその後が垣間見られる、豪華絢爛なシリーズ外伝が登場!! 
ダグは真面目で純情で自分はストレートだと信じたい刑事。
ルイスは恋愛も人生も経験豊富でシニカルなゲイ。

彼女にゲイの疑いをかけられた振られたダグは肝試し的にその手のクラブへ行ってみる。
その場の空気に馴染めない自分に安心して帰ろうとした時にルイスと出会って意気投合。
ルイスにお持ち帰りされて楽しんでゲイへの扉を開けたはずなのに一夜明けたらまるっきり覚えてないって……なんだそりゃ。そりゃルイスも怒って放り出すのも当然です。

その上ルイスが殺人事件の容疑者になっちゃったもんだから仕事上気まずくても会わなきゃいけないハメになるし会えば会うほどルイスに惹かれる自分に大混乱のダグ。

そんなダグに一目惚れしたルイスがダグの態度に一喜一憂する姿がやけに可愛らしかったです。年上で世慣れた大人のはずなんだけどそれだけ苦い経験も多いからね。素直になれない。
恋愛に臆病というか自分に自信がないというか。ダグもはっきりしないから余計にいらいらします。

二人の仲がなかなか進展しないのがじれったくてこの鈍感めーさっさと押し倒さんかい!とダグに突っ込みいれながら読んでましたが(笑)ディックがダグの背中を押してくれました。GJディック。ボディーガードの仕事だけでなく縁結びもしてましたよ(* ̄∀ ̄)

ただ事件の真相は切なかったなあ。
ケニーの葛藤もわかるしルイスの無邪気な鈍感さとかってたぶん誰にでもあるものだと思うんですよ。成功を掴んだものと掴めなかったものの溝…親友だと思ってた仲なら尚更辛い。
相変わらず英田さんは事件と恋愛だけでなく人間関係のアンビバレンスを描くのが巧みだと思います。そこが私のどツボなんだけど。

しんみりした後はお馴染みのキャラが集まってのホームパーティー♪
英田さんもあとがきで書いてますが彼らはホームパーティー好きだよね(笑)
これからはルイスとダグも加わることになるんでしょうね。また小冊子でその後が読めるんでしょうか?
そうそう、ディックのレニックス家訪問記も読みたいし是非!(`・ω・´)!!

ちょっと気になったのはスモーキーとディックのその後です。猫じゃらしの効果はあったんだろうか?(笑)
そして残念だったのは高階さんの絵が表紙と口絵のみだったことだけど…10月にコミックが出るし連動企画もあるそうだしまだまだ楽しめそうです(人´∀`*)。・:*。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。